新米主婦のお料日記。頑張ってレシピも公開します!
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ブイヤベース
あじを使ってブイヤベースにチャレンジ!

●ブイヤベース●
コピー ~ P1010389

<レシピ>2人分
 あじ 1匹
 ムール貝 6~7匹
 (なければあさり)
 えび 5~6匹
 じゃが芋 1個
 玉ねぎ 1/4個
 トマト(完熟) 1個
 にんにく 1かけ
 水 1/2カップ
 白ワイン 50cc
 トマトジュース 100cc
 コンソメ 1つ
 塩 少々
 クレイジーソルト 小さじ1
 ターメリック 少々
 ローリエ 1枚
 ローズマリー、タイムなどのハーブ
 オリーブオイル 適量

1.あじはうろこをとり、内臓を取り除いたら、よく洗い水気を拭く。
  表面にななめの切れ目を入れて、塩を振っておく。
2.ムール貝はよく洗い、エビは殻をつけたまま、背に切れ目を入れて背わたをとっておく。
3.トマトは2cm程の角切り、たまねぎはくし型に、じゃがいもは1cm程の厚さに、
  にんにくはみじん切りにしておく。
4.深さのあるフライパンか鍋にオリーブオイルをひいて、あじとじゃがいもを強火で焼く。
5.両面に焦げ目がついたら、その他の全ての材料を入れ、煮込む。
6.あくをとりながら、15分~20分煮込んで、最後塩とクレイジーソルトで味を調え、完成!

今日は、その他に、アスパラとヤングコーンサラダとドライカレーでした。
コピー ~ P1010397
スポンサーサイト
page top
キッシュ
今日はお友達が新居に遊びに来てくれました家
久々に会ったので、お話に花が咲きましたね~sc03桜
我が家の来客時の定番『キッシュ』を紹介します!
・・・といっても、何回作ってもいつもどこかが失敗してしまって、
お客さんが来るたびに作っていたら、いつの間にか定番になっていました汗とか
でも、今日は今までの中で一番いい出来かも~sc03ピース

●キッシュ●
P1010499.jpg

<レシピ>18cmタルト型1つ分
#パイ生地#
 ・小麦粉 100g
 ・バター 50g
 ・塩 少々
 ・冷水 40cc
#フィリング#
 ・卵 2個
 ・牛乳 2/3カップ
 ・生クリーム 1/3カップ
 ・塩、こしょう、ナツメグ 少々
 ・ほうれん草 1束
 ・しめじ 1/2パック
 ・ソーセージ 2本

【パイ生地】
1.小麦粉はふるっておく。バターは包丁で細かく刻んでおく。
2.ボールに1の小麦粉とバター、塩を入れ、手ですり合わせるように混ぜ合わせる。
3.さらさらになり、よく混ざったら、冷水を少しずつ加え、よくこねる。
4.1つにまとめたら、ラップにくるんで30分程冷蔵庫でねかせる。
5.まな板に打ち粉をし、麺棒でのばす。伸ばしたら、3等分に折りたたみ、
  90度回転させてまた伸ばす。これを5~6回くりかえす。
6.タルト台の大きさより少し大きめに伸ばし、タルト台に敷く。
  台からはみ出た生地は切り落とす。このとき、少し大きめのところで切ると、
  焼いて縮んだときにちょうどいい大きさになる。
7.膨らむのを抑えるために、フォークで穴をあけ、冷蔵庫で30分程ねかせる。
  (しっかりねかさないと、生地が縮んでしまいます。)
8.オーブンを200℃に温めておき、20分焼く。

【フィリング】
1.ほうれん草はさっと茹でたあと、冷水に浸し、よく水気を絞っておく。
  5cmくらいに切っておく。
2.ソーセージはななめに薄く切り、フライパンでソーセージとしめじを炒める。
  軽く塩・こしょうをふっておく。
3.ボールに卵をよく混ぜ、そこに牛乳と生クリームを入れ、よく混ぜ合わせる。
  塩・こしょう・ナツメグで味を調整する。
4.ほうれん草とソーセージ、しめじを3に加え、ざっと混ぜ合わせる。

【仕上げ】
1.焼きあがったパイ生地に、フィリングを流し込み、200℃に温めたオーブンで25分焼く。
2.荒熱をとり、冷蔵庫で冷やして完成!

今日はその他にもたーくさん作りました!

●前菜プレートとイタリアンサラダ●
 (トマトのコンフィ、サーモンクリームチーズ、乾燥いちじく、パルミジャーノチーズ)
トマトのコンフィ、リクエストがあったので、後日またレシピをUPします。
P1010500.jpg

●カボチャサラダとパプリカのマリネ●
P1010496.jpg

●さわらのブイヤベース
身が大きいので、鯵よりおいしかったですグッ
P1010501.jpg

●ポルチーニ茸のクリームパスタ●
塩が多すぎて、ちょっとしょっぱめ汗とか
ポルチーニはの味は美味だったのにもったいない。。。
またリベンジするぞっ絵文字名を入力してください
P1010502.jpg


デザートはお友達が持ってきてくれた、パステルのプリンとテオブロマのシュトーレンを
いただきましたcake
page top
チキンのラタトゥーユ添え
いろんな機会にワインを買っていたら、少しずつたまってきてしまいました
たまには消費しないと!ということで、今日はワイン(今頃ボジョレー)とおつまみで
ゆっくり夕食をとりました。
今日はお昼は友人の結婚式だったので、夕食は少し控えめにしてみました。
でも昼間から飲み通し汗とか3連休は気分がいいですステキ!

●チキンのラタトゥーユ添え●
P1010974.jpg

<レシピ>2人分
 ・鶏もも肉 1/2枚
 ・シーズンズソルト(なければ塩) 少々
 ・こしょう 少々
#ラタトゥーユ#
 ・玉ねぎ 1/4個
 ・なす 1/2本
 ・パプリカ 1/2個
 ・ベーコン 1枚
 ・カットトマト 1/2缶
 ・にんにく 1/2かけ
 ・コンソメ 1個
 ・ローリエ 1枚
 ・塩(あればクレイジーソルト) 少々
 ・こしょう 少々

1.ラタトゥーユを作ります。玉ねぎ、ナス、パプリカ、ベーコンはすべて同じ1cm角程度の
  角切りに切りそろえる。にんにくはみじん切りにする。
2.蓋の出来る鍋(ルクルーゼなどのホーローがよい)に、オリーブオイルとにんにくを熱し、
  香りがたったら、玉ねぎ、ナス、パプリカを入れ軽く炒める。
3.カットトマトとローリエを加え、ぐつぐつしてきたら、コンソメと塩・こしょうを加える。
4.弱火で蓋をして、30分程度煮込んだら、蓋をとり、中火で水分がなくなるまで
  煮込んだら、ラタトゥーユは完成。
5.鶏肉は厚い部分は観音開きにし、同じ厚さにそろえる。シーズンズソルトと胡椒をふり、
  下味をつけ、250度に熱したオーブンで20~25分焼く。
6.5の鶏肉を食べやすい大きさにスライスし、お皿にもったら、上から5のラタトゥーユを
  かけて完成!

今日はその他に、新ジャガフライ、クラッカー(トビッコクリームチーズ添えと卵とアンチョビのせ)、
海老と菜の花のクリームパスタでした。
P1010971.jpg

P1010977.jpg


その後、物足りない私たちは、昼間の結婚式の引き出物のバームクーヘンを早速いただきましたステキ!チョコファッション?
page top
若鶏のバスク風煮込み
ルクルーゼをプレゼントでいただいたときに、確か初めて作ったのが
本を参考にした若鶏のバスク風煮込みだったと思います。
バスク風とは、スペインとフランスの国境のあたりの村で食べられる
家庭料理のことだそうで、トマトやピーマン、にんにくなどを入れるのが特徴です。
もちろんルクルーゼじゃなくても、厚い鍋なら問題ナシ!です。

●若鶏のバスク風煮込み●
P1020178.jpg

<レシピ>2人分
 ・鶏もも肉(骨付き) 4本
 ・パプリカ 1個
 ・ピーマン 2個
 ・玉ねぎ 1/2個
 ・ベーコン 3枚
 ・トマト缶 1缶
 ・白ワイン 100cc
 ・水 80cc
 ・にんにく 1かけ
 ・とうがらし(輪切り) 少々
 ・タイム 少々
 ・塩 少々
 ・こしょう 少々

1.鶏もも肉は塩・胡椒を軽く振っておく。パプリカ、ピーマン、玉ねぎ、ベーコンは
  2cm幅くらいに揃えて切る。
2.フライパンで鶏もも肉を強火で炒め、表面に焦げ目をつける。
3.鍋にベーコンとにんにくを入れ、弱火で熱するベーコンの脂が出て
  にんにくの香りがたってきたら、玉ねぎ、パプリカ、ピーマンを入れる。
  油が全体に回ったら2の鶏肉を加える。
4.白ワインを加え沸騰させてアルコールを飛ばす。さらに、水、トマト缶、
  タイム、とうがらし、塩・こしょうを加え、蓋をして20分程ぐつぐつ煮込む。
5.最後、蓋をとって火を強めて、水分をある程度飛ばし、塩・こしょうで
  味を調えたら完成!

P1020177.jpg


今日はその他に、コロコロマスタードサラダ、オムソバ、
ポテトとジャガイモのカレースープでした。
P1020179.jpg
© ♪料理日記♪. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。